豊田真由子議員と山尾志桜里議員の共通点

シェアする

約1812文字 一般的完読時間 3分

世間を大きく騒がせた2人の女性議員について語ります。

1人は、秘書に対する暴言、暴力で問題になった豊田真由子議員。
あの録音テープは一生耳に残りそうですね(笑)

もう1人は、子育て主婦代表の顔をしていながら、ダブル不倫をしていた山尾志桜里議員。
昨年「保育園落ちた!日本死ね!」で流行語大賞を受賞して得意になっていたのが印象的でした。

僕は2人の直接の被害者ではないし、選挙区の有権者でもないので、普通であれば文章にして語ることなどしません。
第3者である僕が時間をかけて批判するなど無駄なこととさえ思う。

しかし、今回の件は、人の生き方を顧みる上で、そして子供の教育面で良いサンプルだと思うのであえて取り上げたい
お2人は今後も変わらないと思うが、あくまで社会をより良くするための行為と思っていただきたい。

2人とも、東大法学部の同期だ。

勉強のレベルで言えばやはり東大は凄い!
日本一でありダントツと言って良い。

その証拠に他の大学なら必ずある「第2の選択」になることはない。
日本の他大学に受かって東大を蹴る人はほとんどいないだろう。

しかも東大の中でも法学部は文系のトップだ。

ここに受かる人というのは、小さい頃から、試験成績は学校内では常にトップクラス、いや常にトップだった可能性も高い。
このレベルの人はあなたの周りにいただろうか?
高校でもかなりの進学校でなくてはお目にかかれないレベルだ。

当然のことながら、周りからちやほやされる。
生徒からは尊敬され、先生や父兄からも賞賛されるのが当たり前だっただろう。

本来であれば、勉強ができるできないは、人が持つ性質の1つにすぎない。
しかし学生時代はどうしても、それが最も重要な要素になる。
勉強がトップであれば、よほどのことが無い限り羨望の対象だ

スポンサーリンク




こうして育つとどうなるか。

自然と、、、

「自分が一番優れている」
「周りは下(ゲ)の人間」

という意識が身につく。

プライドは誰よりも高くなり、誰の批判も受けられないし、非を認めることもない人間になる
もちろん全ての人ではないし、教育や環境、自らを律する自覚によって、そうではない人も少なくはないだろう。
しかし、おかしな人間になりやすいのは事実だ。

豊田議員は、解散総選挙があることで復帰会見を行った。
言葉だけ「反省」を口にするが、言い訳や否定が多くほとんど反省していないのがわかる。
彼女からすると秘書は奴隷のようなもので、欲求不満のはけ口、侮蔑・軽蔑の対象でしかなかったのだろう。

山尾議員は、自民党を追求するときは、口うるさく「説明責任」を語り、「疑惑があったら証明するべきは本人」と言ってきた。
国会で「日本死ね!」と日本をののしり、安部首相等もののしっていた。
それが自分のことになるとただ逃げるだけ。
誰が見ても不倫していたとしか思えない証拠を出されても、「男女の関係はない」と一言で済まそうとするだけ。

本当の意味での反省ができない人間なのだろう。

両議員とも約43年の間に「優れている」というプライドが巨大化して、まともなバランス感覚を失ったのだ。

どちらの釈明会見も、恥の上塗りで目を覆うばかりの惨めさだ。
もうこの年齢で変わることはないのだろう。
学生時代の「天才・秀才」が、今では「バカに付ける薬はない」というまで落ちたと言うべきではないか。

攻めに強い者は守りに弱いというが、2人はその典型。

攻められたことがないから守りを考えたことがないのではと思えるほどヒドイ
強弁すれば乗り越えられるとでも思っているのだろう。

僕はこのように勉強ができることによる勘違いは大変恐ろしいことと思う
折角知的な能力がありながら、バランス感覚がないためにどこかで転落してしまう。
それは本人だけの問題ではなく、国全体にとっても大きな損失になる。

既に書いたが、勉強ができるというのは、人が持つ性質の1つにすぎない。

人格が素晴らしいわけではないし、人から尊敬されるわけでもない。
ましてや素晴らしい人生を送れるわけでもない。
そこを周りが間違い、本人が一番間違う。

人が若い頃に育むべき最も重要なものは、社会に順応できるバランス感覚だ。
勉強ができることは、それ自体は素晴らしいことだが、一方でバランス感覚を失いやすいことを誰もが知るべきだ。

子供を持つ親御さんには、子供に勉強ばかりさせて、その出来が唯一の価値観のような教育を絶対にしないで欲しいと思う。
それは、本人と親を含めたみんなを不幸にする。

よろしければぜひポチッと投票をお願いします!m(_ _)m

よろしければぜひポチッと投票をお願いします!m(_ _)m

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク